×

【日本ダービー】ドウデュース友道師、武豊を絶賛「勝因は位置取り。完ぺきだった」

[ 2022年5月29日 16:34 ]

G1・日本ダービー ( 2022年5月29日    東京競馬場 芝2400メートル )

<東京11R 日本ダービー>日本ダービーを制した武(中央奥)は友道師(右)に出迎えられる 

 3歳馬のナンバーワンを決める日本ダービーはドウデュース(牡3=友道)が制し、2019年に生産されたサラブレッド7522頭(持込馬、輸入された外国産馬を含む)の頂点に立った。

 友道師は16年マカヒキ、18年ワグネリアンに続く、日本ダービー3勝目。現役では藤原師、矢作師と2勝で並んでいたが、単独トップの3勝目となった。

 友道師は「うまく乗ってくれた。勝因は位置取り。完ぺきだった」と鞍上の武豊を称賛した。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月29日のニュース