×

【日本ダービー】Vのドウデュース、凱旋門賞へ 海外の強力ライバルは…

[ 2022年5月29日 18:52 ]

G1・日本ダービー ( 2022年5月29日    東京競馬場 芝2400メートル )

<日本ダービー>レースを制したドウデュース。鞍上の武豊は笑顔で観客席のファンに手を振る(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 ドウデュース(牡3=友道)が日本ダービーを制し、馬主のキーファーズの松島正昭代表は、既に登録を済ませている仏G1凱旋門賞(10月2日、パリロンシャン)への参戦に意欲を見せた。

 大手ブックメーカーの英ウィリアムヒル社が1番人気に設定しているのは、昨年G1を3勝したハリケーンレーン(牡4=アップルビー)で9倍。今年は6月の英G2ハードウィックSで始動予定。秋は凱旋門賞を目指すことが発表されている。同じく9倍の1番人気タイには現役最強マイラー、バーイード(牡4=ハガス)の名前があるが、距離を考えると参戦は微妙だ。

 11倍で3番人気のエミリーアップジョン(牝3=ゴスデン)は3戦3勝で、6月4日の英オークスの有力馬。これまで凱旋門賞で日本馬に立ちはだかってきた3歳牝馬だけに、英オークスのレースぶり次第では最大のライバルとなる可能性がある。13倍で4番人気のルクセンブルク(牡3=A・オブライエン)は英2000ギニーの3着馬。英ダービーの大本命と見られていたが、トモの筋肉を痛めたために回避。秋の復帰を目指している。

 その他では2連覇を狙うトルカータータッソ(牡5=ヴァイス)、昨年4着のアダイヤー(牡4=アップルビー)が、日本のドウデュース、シャフリヤール(牡4=藤原)、タイトルホルダー(牡4=栗田)と同じ21倍となっている。

 日本調教馬は昨年までにのべ29頭が挑戦。99年エルコンドルパサー、10年ナカヤマフェスタ、12、13年オルフェーヴルの2着が最高着順となっている。

続きを表示

「2022 宝塚記念」特集記事

「トリプル指数」特集記事

2022年5月29日のニュース