×

【日本ダービー】ドウデュースの馬主、キーファーズ松島代表「凄いドラマ」秋は凱旋門賞へ

[ 2022年5月29日 18:47 ]

G1・日本ダービー ( 2022年5月29日    東京競馬場 芝2400メートル )

<日本ダービー>レースを制したドウデュースと鞍上の武豊、管理する友道師(左端)、キーファーズの松島代表(左から2人目)=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 世代の頂点に立ったドウデュースの馬主、キーファーズの松島正昭代表は、「何というか本当にこんなことってあるのかと思いました。ビックリしました。凄いドラマです」と歓喜に浸った。

 セレクトセールなどで素質馬を集め、常に「武豊騎手と凱旋門賞を勝ちたい」と口にしてきた同オーナー。所有馬の大半に武豊を乗せ、その先に世界最高峰のレースをイメージしてきた。

 今年の凱旋門賞(10月2日、パリロンシャン)に登録を済ませている。松島氏は「やっと(凱旋門賞の)スタートラインに立てました」とし、「明日から楽しくなりますね。友道調教師にお任せをして、どこにでも行きます。絶対に行きます」と秋のパリを見据えた。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月29日のニュース