×

【シリウスS】サンライズホープ 終始余裕の手応え、コース替わりで期待

[ 2021年9月30日 05:30 ]

<シリウスS>坂路を単走で追い切るサンライズホープ
Photo By 提供写真

 サンライズホープ(牡4=羽月)は坂路単走でしまい重点。終始、余裕のある手応えで4F56秒0~1F12秒3を軽々と刻んだ。羽月師は「先週までしっかりと負荷をかけたので今週は軽めの調整。いい動きでした」と出来の良さを強調する。

 1番人気に支持された前走・プロキオンSは道中3番手を追走したが、直線で伸びを欠いて6着。「敗因は小回り、馬場ですね。中京は相性がいいし、コース替わりで前進を」と力を込めた。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年9月30日のニュース