JRA調教助手が勝ち馬予想動画 ネットに投稿し処分

[ 2021年9月25日 05:30 ]

 日本中央競馬会(JRA)は24日、裁定委員会を開き、インターネット上の動画投稿サイトで中央競馬の勝ち馬予想を複数回行っていたJRA所属の調教助手に対し、「競馬の公正確保について業務上の注意義務」に違反したとして、過怠金50万円の処分を決めたと発表した。雇用主である調教師は戒告処分とした。

 JRAは8月29日、厩舎関係者の関与が疑われる動画の存在を確認。調査、関係者への事情聴取の結果、動画を作成し、投稿した調教助手を今月2日に特定。9日に裁定委員会を開いて当該助手と調教師に予定される処分を通知。指定期日までに弁明書の提出がなかったことから、この日、処分が決定した。

 JRAは競馬施行規程に、競馬の公正確保について業務上の注意義務に違反した調教助手は、50万円以下の過怠金を科すると定めている。
 JRAの福田正二審判担当理事は「ファンの皆さまにご迷惑、ご心配をお掛けしたことについて、心よりおわび申し上げます。厳正な処分を行い、再発防止に努めてまいります」とコメントした。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月25日のニュース