【飯塚・全日本選抜】早川清太郎 悲願SG制覇へ最高のリズム

[ 2021年9月22日 05:30 ]

SG初優勝を狙う早川
Photo By スポニチ

 悲願のSG初制覇へ機は熟したか。最高のリズムで乗り込んできたのが伊勢崎の早川清太郎。前節の地元G1優勝戦。6枠のスタートで荒尾と青山の攻勢をしのぐと、剛柔自在のさばきで通算7回目の地元G1タイトルをつかんだ。

 前節は新品クランクを投入したのが奏功。「今年は流れが悪かったので良かったです。(クランクの)感じは良かったので、前回のまま練習で乗ってみます」。次のSGタイトルホルダーと呼ばれて久しい。SG準Vは4回を数えるが、悔しさの分だけ速さを増した。昨年は川口、山陽と地元以外のG1を勝った。強豪ぞろいの初日12Rゴールデンセレクションは絶好の2枠。「頑張ります」と短い言葉に力を込めた。

続きを表示

「2021 阪神JF」特集記事

「カペラS」特集記事

2021年9月22日のニュース