【越後S】ミスターX 7戦連続連対中、先行力あるラフィンクロンヌ狙う

[ 2021年7月24日 05:30 ]

 今週から新潟開催。この時期の新潟ダートは前が残りやすい。新潟メイン・越後Sは、先行力あるラフィンクロンヌを狙う。ダート路線に切り替えた昨年11月から7戦連続連対中と安定感が光っている。

 昇級戦だが、ここも好勝負必至だ。0秒2差で2着だった2走前の勝ち馬は次戦でも快勝しており、同馬も即通用の可能性が高い。1勝クラスでは逃げ切って勝ったが、前走は2番手から抜け出してV。先行力が魅力で、最後まで粘り強いのが持ち味だ。ここまで5戦コンビを組んだ原は「同型との兼ね合いは鍵だがハナにいってもいいし、2番手でもいいと思う。勝負になると思う」と力を込める。初めての左回りでも期待する。(12)から(4)(5)(6)(7)(9)。

続きを表示

「2021 スプリンターズS」特集記事

「凱旋門賞」特集記事

2021年7月24日のニュース