佐賀競馬の新人18歳・飛田愛斗が地方競馬最速通算100勝!デビューから268日目、19年ぶり記録更新

[ 2021年6月28日 05:30 ]

地方競馬最速でデビュー通算100勝を達成した飛田愛斗(右)と三小田師(佐賀県競馬組合提供)
Photo By 提供写真

 佐賀競馬の新人騎手・飛田愛斗(ひだ・まなと、18=三小田)が27日、佐賀9Rをニンジンムスメで勝ち、地方競馬最速でデビュー通算100勝を達成した。268日目での到達は、吉原寛人騎手(37、金沢)が02年1月にマークした275日目を19年ぶりに塗り替えるスピード記録(73年4月以降)。昨年10月3日の初騎乗から697戦目で大偉業を樹立した飛田は自身のツイッターで「馬主さんを初め、調教師の先生、厩務員さんのおかげで勝つことが出来ました!ニンジンムスメちゃんが、良く頑張ってくれました。これからも頑張りますので応援よろしくお願いします!!」(原文のまま)と喜びをつづった。

 区切りの1勝はもちろん通過点。「佐賀リーディングを取って日本中の人が知っているジョッキーになりたい」と目標を語っていた大器は、大きな夢へと向かって白星を積み重ねる。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年6月28日のニュース