レイパパレ ワールドランキング牝馬1位タイ、日本馬最上位

[ 2021年4月10日 05:30 ]

大阪杯を制したレイパパレ=中央(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)は9日、「ロンジンワールドベストレースホースランキング」を発表した。今年1月1日から4月4日までに実施された世界の主要レースが対象。4日の大阪杯を制したレイパパレ(牝4=高野)が日本馬最上位のレーティング118ポンドで14位タイ、牝馬ではトップタイとなった。

 1位はサウジカップ、ドバイシーマクラシックを連勝した英国馬ミシュリフ(牡4)とドバイワールドカップを制した米国馬ミスティックガイド(牡4)が122ポンドで並んでいる。

続きを表示

「クイーンS」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年4月10日のニュース