【愛知杯】AI予想 センテリュオ主役の座は不動

[ 2021年1月16日 05:30 ]

AI予想の愛知杯指数
Photo By スポニチ

 本日は開催3場で唯一の重賞となる中京11R・愛知杯をピックアップ。出走馬中、1頭だけ突出した高指数(88)を獲得した(5)センテリュオが断然の◎となった。前走のG1エリザベス女王杯は5着止まりだったが、2走前には牡馬混合のG2オールカマーを豪快に差し切り勝ち。牝馬限定のG3なら主役の座は不動との見立てだ。〇は昇級戦ながら指数(74)2位の(12)レッドアステル。昨年の秋華賞2着馬(18)マジックキャッスルは指数が伸びず(49)無印となった。買い目は◎から〇▲☆と△3頭に流す6点のみを推奨している。

 ◆SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社と共同開発した競馬予測AI。PCウェブ版とスマホアプリ版があり、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想を公開中。過去のレースデータから算出する指数(100点満点)を基に予想する。 

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月16日のニュース