【中山GJ】転倒シングンマイケル死す…昨年JRA賞最優秀障害馬 着地失敗けいつい関節脱臼

[ 2020年4月19日 05:30 ]

昨年の東京ハイジャンプを制したシングンマイケルと主戦の金子(右から2人目)ら
Photo By スポニチ

 中山GJで2番人気に支持された昨年のJRA賞最優秀障害馬シングンマイケルは10号障害(高さ1.2メートルの最終障害)で着地した際に転倒、けいつい関節脱臼で予後不良となった。「不本意でしたが結果が全てなので…。また頑張ります」と沈痛な表情で語った主戦・金子も落馬した際にけいつい捻挫を発症。19日に予定していた福島4Rは江田勇に騎手変更となった。また、メドウラークは最終4角で右前肢ハ行のため、セガールフォンテンは7号障害着地時に転倒(右後肢ハ行)、いずれも競走を中止した。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2020年4月19日のニュース