【川崎】嵯峨と白戸が組んで初日予選快勝 準決では別線に

[ 2019年12月14日 05:30 ]

予選快勝後にレースを振り返る嵯峨
Photo By スポニチ

 上昇一途の嵯峨が初日予選を快勝した。「前受けの作戦だったけど…」。作戦と違い中団からの運びとなったが、赤板すぎの2コーナーから西本を叩くと打鐘先行で1周半を逃げ切った。「ラインを連れて行こうと思い仕掛けた。長い距離を踏んだのできつかったが明日以降につながると思う」と振り返った。

 マークした白戸は「嵯峨君は強いし、全然タレない。断然の人気(2車単160円)だったので緊張した」とホッとした表情を見せた。初日にラインを組んで断然人気に応えた嵯峨と白戸は準決勝では別線で敵になる。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月14日のニュース