菜七子、通算100勝王手 一気に大台突破期待

[ 2019年12月14日 05:30 ]

藤田菜七子
Photo By スポニチ

 通算100勝に王手をかけている藤田菜七子(22)は、今週末の土日ともに中京で騎乗(土曜9鞍、日曜8鞍)。東西の厩舎から実力馬のオファーが舞い込み、一気に大台更新が期待できるラインアップだ。

 土曜の6Rヤマニンマヒア(牡3=松永幹)は自身の手綱で同舞台の前走を2着に好走。菜七子は「かかる面がなくてその分いい脚を使ってくれた。今回も道中をうまく運べれば」と意気込んでいた。土曜の9鞍中7鞍が前走で掲示板(5着以内)に入っていた馬。コパノキッキングでJRA重賞初勝利を挙げた先週カペラSの勢いそのままに、勝ち星量産のムードが漂う。

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2019年12月14日のニュース