【桜花賞】(1)グランツ 最内歓迎「流れ乗れそう」

[ 2019年4月5日 05:30 ]

 シェーングランツは1番枠。津曲助手は「この枠ならロスなく流れに乗っていけそう」と最内枠を歓迎した。前走チューリップ賞は5着に敗れたが、勝ち馬ダノンファンタジーと同じ上がり3F34秒0の脚を使って0秒5差。「前残りの流れの中でも、しっかりと末脚を使ってくれた。上位とは位置取りの差だと思う」と逆転をイメージ。半姉ソウルスターリングは17年3着。雪辱はなるか。

続きを表示

「2019 秋華賞」特集記事

「府中牝馬S」特集記事

2019年4月5日のニュース