JRA クッション性数値も公表へ 早期導入に期待

[ 2019年3月12日 05:30 ]

芝コースのクッション性を測定できるクレッグ・インパクト・ソイルテスター
Photo By スポニチ

 JRAは含水率に続いて「クッション性」の数値も公表していく方針だ。重りを落として着地時の反発力を計測する「クレッグ・インパクト・ソイルテスター」という機器を使用。加速度単位「G」で表される数値は低くなるほど軟らかく、平均的な芝コースの数値は70〜90Gで畳と同程度の硬さとされる。含水率とは異なり、クッション性の公表は芝のみ。スタート時期は未定だが、馬場の硬さを推測できる新たな情報提供はファンに有益で、早期の導入が期待される。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年3月12日のニュース