【阪神大賞典】シャケトラ順調!陣営は仕上がり太鼓判

[ 2019年3月12日 05:30 ]

 阪神では天皇賞を占う阪神大賞典。骨折明け、1年1カ月ぶりの実戦だったAJC杯で華麗に復活したシャケトラが重賞連勝に挑む。辻野助手は「改めて能力の高さを再認識した」と振り返る。前走後は短期放牧を挟み、順調に乗り込んできた。1週前追いには戸崎が駆けつけ、CWコースで併せて3馬身先着。「抜け出す脚が速かった。いい動きだったし、あと1週で仕上がると思う」と仕上がりに太鼓判を押した。

続きを表示

「春の電撃戦 高松宮記念」特集記事

「マーチS(G3)」特集記事

2019年3月12日のニュース