【フラワーC】ジョディー 距離延長手応え「落ち着き出た」

[ 2019年3月12日 05:30 ]

 16日の中山メインはフラワーC。ジョディーは好メンバーが集まった前走・クイーンCで逃げて3着。先手を奪えなかった2走前の阪神JF(16着)では大敗したが改めて高い能力を証明した。戸田師は「これまでのレースを見ると小細工なしに行った方が良さが出るようだ」と分析。「姉(レーツェル)が長いところで走っている。以前より落ち着きも出てきた」と1F延長への対応にも手応えを示した。

続きを表示

「2020 天皇賞(秋)」特集記事

「スワンS」特集記事

2019年3月12日のニュース