【有馬記念】オジュウ順調 有馬記念へ「気持ち入った」

[ 2018年12月15日 05:30 ]

 有馬記念(23日、中山)に出走するオジュウチョウサン(牡7=和田正)が14日、金曜恒例の障害練習をこなし、大一番に備えた。まずはダートコースをゆったりと周回。その後、走り慣れた障害コースに入り、持ち前の低くて速い飛越を2回披露した。障害メニューは南武特別前から再開している。

 見守った和田正師は「今日は予定通りに障害を跳ばした。1週前追いの反動はないし、気持ちが入ったような走り」と納得の表情を浮かべた。例年、年末は中山大障害に向けて状態をピークに持っていく時期。師は「昨年もそれなりにいいなという感じだった。今年も馬体には張りがある。昨年に近い状態」と話した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2018年12月15日のニュース