【ジャパンC】サトノダイヤモンド 辛めのジャッジ「ピークの8割」

[ 2018年11月20日 16:13 ]

 サトノダイヤモンドは火曜朝、坂路を4F63秒1で流し、水曜朝の最終追い切りに備えた。

 京都大賞典で久々の美酒を味わったが、池江師のトーンは急上昇とまではいかない。「順調に来ているし歩様も徐々に良くなってきました」としながらも、状態面に関して「ピークと比べると8割方」と辛めのジャッジ。さらに「基本的に坂のあるコースは得意としない」と話している。追い切りでどこまで上向くか要注目だ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2018年11月20日のニュース