【サウジアラビアRC】ロジムーン 最後まで衰えず1F12秒5

[ 2016年10月6日 05:30 ]

 3戦目の新潟未勝利戦を楽勝したロジムーンは坂路で4F53秒4~1F12秒5。最後まで脚色は衰えず、力強く駆け抜けた。萩原師は「追い切りの動きはまずまずで前回と変わりない状態。センスのいい走りで使うごとにレースぶりは良化している。重賞でどこまでやれるか期待したい」と前向き。舞台となる東京マイルでも2着2回で、通算【1200】の堅実派。V争いの期待が膨らむ。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2016年10月6日のニュース