【小倉記念】マーティンボロ1馬身先着 折り合いに進境

[ 2016年8月4日 05:30 ]

 七夕賞6着をステップに参戦するマーティンボロは藤岡佑を背にCWコースで併せ馬。直線は内に入って6F83秒1~1F12秒4を刻み、ハイドロフォイル(3歳500万)に1馬身先着。

 藤岡佑は「以前と比べるとリラックスして折り合いがつくようになっている。しまいの反応が良くなれば」とイメージ。一昨年のこのレース2着時も騎乗していた鞍上は「あの時は休み明けで叩いてからの方がいいかなと思ったら2着。中距離は合っている」と適性をアピール。

続きを表示

「中山記念(G2)」特集記事

「阪急杯(G3)」特集記事

2016年8月4日のニュース