【ニューイヤーS】コスモソーンパークが差し切り勝ち

[ 2015年1月17日 16:34 ]

 「ニューイヤーS」(4歳上オープン、芝1600メートル・晴・良)17日、中山競馬場11Rで行われ、三浦騎手騎乗の8番人気、コスモソーンパーク(牡7=池上厩舎、父ロージズインメイ、母マイネピュール)が、直線差し切って優勝した。勝ち時計は1分33秒9だった。

 スタートダッシュよくペイシャフェリスが先頭を奪った。これにアーデント、ルナ、ウインマーレライなどが続いた。1番人気のサトノギャラントも差なく好位につけてレースを進める。先行馬がレースを引っ張り、やや早いペースとなった。

 4コーナーを回っても先行勢が粘りを見せ、サトノギャラントは内に包まれて伸びを欠いた。残り100メートルあたり、一気にコスモソーンパークが外から襲いかかって激しいゴール前の追い比べになった。

 ゴール寸前、コスモソーンパークが差し切って1着。クビ差の2着に逃げ粘ったペイシャフェリス、そこからさらにアタマ差の3着はアーデントだった。

続きを表示

「2019 有馬記念」特集記事

「暮れの中山の名物レース 中山大障害」特集記事

2015年1月17日のニュース