展開を読む【中山9R=平均ペース】

[ 2015年1月17日 05:30 ]

 グリシーヌシチーが先手を奪えば、後続は折り合いに専念。キャンディーハウスが直後に控えて、ダイワバーチュー、クイーンズリングは3、4番手。マキシマムドパリは中団追走から直線勝負へ。先行勢の粘り込みに要注意。

続きを表示

「2019香港国際競走」特集記事

「2019 阪神JF」特集記事

2015年1月17日のニュース