【神戸新聞杯】戦い終えて

[ 2014年9月29日 05:30 ]

 ▼5着ヴォルシェーブ(岩田)折り合いを付けて直線に懸ける競馬をしたかったが思ったより反応が鈍かった。追い切りの感じなら、もっとハジけて良かったと思う。

 ▼6着ハギノハイブリッド(福永)直線で内がガッポリ空いたが、1頭になって走り切れなかった感じ。結果的に外に回した方が良かったのかも。

 ▼8着ヤマノウィザード(藤田)折り合い付いてスムーズな競馬はできた。乗りやすい。最後に止まったのは久々の分かな。 

 ▼9着クロニクルスカイ(川須)好位を取りたかったけど、スタートが決まらなかった。

 ▼10着マッチボックス(松田)さすがに一線級が相手ですからね。

 ▼11着シャンパーニュ(幸)切れる脚がないので4角で早めに動きたかったが…。前から下がって来る馬もいて、動くに動けなかった。

 ▼12着キネオペガサス(四位)馬格もあるし、凄くいい馬です。きょうは間隔が空いている分、力んで走ってた。もう少しリラックスしてほしかった。

 ▼13着ウインフルブルーム(柴田大)久々の分と距離もあるでしょう。最後まで粘れなかった。

 ▼15着ダンディーズムーン(藤岡康)スタートが決まれば前々で競馬しようと思ったが…。内枠ならもう少し違ったと思う。

 ▼16着トップボンバー(松若)きょうは前でとの指示だった。楽に行けたが、さすがに厳しかった。

続きを表示

「マイラーズC(G2)」特集記事

「フローラS(G2)」特集記事

2014年9月29日のニュース