【大阪杯】キズナ順調 馬体たくましく“10キロ増くらいで”

[ 2014年4月2日 05:30 ]

 凱旋門賞4着以来となるダービー馬キズナは坂路1本(4F66秒7)を駆け上がった後、CWコースをサッと流した。田重田(たじゅうた)厩務員は「順調。まだ先があるので体に余裕はある感じだが、ダービー(478キロ)より10キロ増くらいで出したい」と見通しを語った。2日の最終追い切りには武豊が騎乗する予定。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2014年4月2日のニュース