前園真聖氏が明かす 初対面で“ゾノ”呼び捨てしてきた後輩「日本にいますけど家はない」

[ 2024年6月23日 14:40 ]

元サッカー日本代表の前園真聖
Photo By スポニチ

 サッカー元日本代表MFの前園真聖氏(50)が23日放送のフジテレビ「なりゆき街道旅」(日曜正午)にゲスト出演。元日本代表MF中田英寿氏(47)について語った。

 「元サッカー選手で1番仲いい」のが中田で、2人で食事やゴルフをすることも。「中田さんは今、日本にいるんですか?」と出演者から問われると「日本にはいますけど、家はないです。ホテル暮らし。ずっとです」と説明した。

 親交を深めたのは、2人が日本代表に選ばれた時。「代表で初めて一緒になった時、彼は19歳だった。日本代表とかオリンピックって2人部屋なんです。同じようなポジションの人とルームメートになる。僕と同じ部屋になって、そっから仲良くなった」という。

 「呼び捨てでした、初対面から。“ゾノ”って」「遠征で僕は洋服をスーツケースから出して着てた。けど、彼はホテルのクローゼットに全部入れて並べてる。几帳面だなと思って次の日見たら、俺の服も並べてあった。“ここから取ったほうが楽でしょ?”って」と秘話を明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月23日のニュース