谷原章介 迷惑撮り鉄に苦言 撮影のために電車緊急停止させる危険行為に「鉄道を愛していると言えない」

[ 2024年5月28日 11:39 ]

谷原章介
Photo By スポニチ

 俳優の谷原章介(51)が28日、MCを務めるフジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」(月~金曜前8・00)に出演。番組内で鉄道写真を撮影して楽しむ鉄道ファン「撮り鉄」の迷惑行為を取り上げた。

 番組内では立ち入り禁止の線路内や周辺に侵入して撮影したり、撮影のために線路周辺の木を伐採するなどの迷惑行為が行われていると紹介。電車が近づく線路に接近して緊急停止させたり、近隣住民とのトラブルも伝えた。

 谷原はこれらの行為に「鉄道を愛しているとは言えないですね。遮断機が上がっていたとしても線路内に入り込んでいるのはダメですよね。一部の方の行為が本当に鉄道を愛している方にとって凄く迷惑になっているのは、同じ撮り鉄として自覚していただきたいですよね」と苦言を呈した。

 タレントの武井壮も「ルールを守っている人も多いと思うので一緒くたには語れない」と前置きしつつ「当たり前のルールを守らないのは絶対にダメ」と指摘。その上で「撮っていいと言われている場所が少ないのがこの原因なのかな。撮る場所は名物スポットに有料で設置してみては」と提案した。

 番組内では無断で線路に立ち入った場合は「鉄道営業法違反」(1万円未満の科料)、列車の往来に危険を生じさせた場合は「往来危険罪」(2年以上の有期懲役)「過失往来危険罪」(30万円以下の罰金)、駅員による制止の無視や遅延や運休を生じさせた場合は「威力業務妨害罪」(3年以下の懲役または50万円以下の罰金)に問われる可能性があると紹介。また鉄道会社から個人に損害賠償を請求された例も紹介された。

 また、鉄道会社の担当者の「鉄道会社としては電車を見に来てほしい。ルールを守って撮影してくれればいいだけ」とのコメントを紹介。女優、タレントとして活動するイラン出身のサヘル・ローズは「(鉄道会社は)葛藤がありますよね。鉄道会社は撮ってもらうことでPRにもなるじゃないですか。実際に美しい写真を見たら私たちも感動するわけで。礼儀正しく撮っている人もいるわけで、危険な行為をすることで何が怖いかって自分の命を落とすかもしれないし、他の人にも迷惑をかけてしまう。ルールを作って厳しくすれば、守らなきゃと正すことにつながればいい。これ以上鉄道会社に迷惑をかけたくないし、撮れなくなったら嫌じゃないですか」と指摘した。この意見に谷原も「一切撮影禁止、構内も禁止となる可能性もありますもんね」とうなずいていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月28日のニュース