渡辺直美 誰もが知る日本語の「ことわざ」を…36年間勘違い「今日知った」 衝撃の声「え!」「棒!?」

[ 2024年5月28日 10:51 ]

渡辺直美
Photo By スポニチ

 米ニューヨークを拠点に活動するお笑いタレントの渡辺直美(36)が28日、自身のX(旧ツイッター)を更新。誰もが知る「ことわざ」をこの日まで勘違いしていたと明かし、さまざまな声が寄せられている。

 「今日知った衝撃日本語」と書き出し、「郷に入っては郷に従え」という言葉を紹介。「よその土地を訪れたら、その環境に適応し、地域の風習や慣習に従うべき」という意味が込められている。

 このことわざについて、渡辺は「今まで耳でしか聞いたことなかった」といい、「ずっと棒に入っては棒に従え だと思ってぼうぼう言ってた」と、まさかの勘違いをしていたことを告白。「なんで、棒なんだろうってずっと不思議に思ってた 36歳の初夏」といい、「同じ人いますか?」と呼びかけた。

 まさかの勘違いに、フォロワーからは「直美さん、衝撃的」「アホな!」「最初から郷に入っては……と習ったので……今日の直美さんのポストの方が衝撃!!でした」「サラリーマンがそうした基礎知識を踏み外すと、コンビニのない地域に即刻左遷されるね。ただし、直美さんのように自営業者は基本お客さんだから、いくらボケかましても笑い事で済むけれどね」「え!今さら」「棒!?」「そんなやつおらんw」「棒に従うwwwwww」と、コメントが続々と寄せられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月28日のニュース