“ミスター木更津”中尾彬さん PR大使務めた故郷・木更津市が追悼 「心からご冥福をお祈り」

[ 2024年5月22日 16:32 ]

中尾彬さん
Photo By スポニチ

 「アウトレイジビヨンド」や「翔んで埼玉」など硬軟問わずに俳優として存在感を示し、バラエティー番組でも活躍した中尾彬(なかお・あきら)さんが16日、心不全のため都内の自宅で死去した。81歳。千葉県木更津市出身。妻で女優の池波志乃(69)とはおしどり夫婦として知られ、その人柄は多くの人に愛されていた。突然の訃報を受け、木更津市観光協会のXが中尾さんを追悼した。

 木更津市観光協会の公式Xアカウントは「木更津市出身の中尾彬さんが亡くなったというニュースが流れ、TLが悲しみでいっぱいに。心からご冥福をお祈りいたします」と投稿し、故人を悼んだ。

 木更津市出身の中尾さんは、2017年から木更津PR大使を4期にわたって務めている。今年3月には、市に美術品のコレクションを寄贈。その際は元気な姿を見せ「絵を見飽きたわけではなく、終活しているため、これを木更津の人に見てもらった方がいいのではないかと思って寄付をした」と語っていた。

 また、同じく木更津PR大使を4期にわたって務めているロックバンド「氣志團」のボーカル・綾小路翔も、この日自身のXを更新。中尾さんと同市のキャラクター「きさポン」のぬいぐるみを手にしたツーショット写真とともに「Mr.KISARAZU FOREVER」とつづり、追悼した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月22日のニュース