SixTONES・京本大我はキスシーンが苦手!? 自身の秘密を明かす「唇がどこか分からず…」

[ 2024年5月21日 19:11 ]

主演映画「言えない秘密」完成披露試写会に出席したSixTONESの京本大我(撮影・糸賀日向子)
Photo By スポニチ

 SixTONESの京本大我が21日、主演映画「言えない秘密」の完成披露試写会(監督河合勇人、来月28日公開)に出席した。

 作品にちなみ自身の言えない秘密を聞かれると「この作品に限らず、恋愛ものに最近挑戦させてもらっている。キスシーンもあったりするんですけど、本当に下手で…近づくときに早く目をつぶっちゃう。相手の顔がどこか分からず適当にいったら鼻だったとかほっぺだったとかでNG出しがち。唇の場所当てられない。秘密というか悩み」と告白。「プライベートでもうちょっと頑張ります。練習してみます」と意欲を見せた。

 日本では2008年に公開された台湾映画のリメークで、伝統ある音楽学校が舞台のラブストーリー。京本はトラウマからピアノを弾けなくなってしまった音大生役。古川が演じる、神秘的なピアノの音色を奏でる音大生と引かれ合っていく。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月21日のニュース