遠野なぎこ「心の底から大好きなお友達」と2S「本当は立っているのもやっとだと…尊敬します」思いつづる

[ 2024年5月21日 10:42 ]

遠野なぎこインスタグラム(@you_ren_nagiko)から

 女優の遠野なぎこ(44)が、21日までに自身のSNSを更新。「大好きなお友達」との2ショットを披露した。

 「皆さんこんにちは、遠野なぎこです。『“私の大切で大好きなお友達”①』。昨夜ご一緒していたのは、漫画家の倉田真由美さんでした」と書きだすと、自身と倉田氏の2ショットをアップ。

 「“バラいろダンディ”でも、レギュラーでご一緒していましたが…その前から幾つかの番組で共演してきました。心の底から大好きなお友達です」とつづった。

 また「ニュース等でご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、くらたまさんは2月に大切な旦那様を亡くされました。愛する人を失う事で、くらたまさんがどれだけ深い傷を負ってしまったか。苦しいです。切ないです。何でこんなに早く…神様は何の為にこんな純粋な人に試練を与えるのでしょうか」とつづると、「叶井俊太郎さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます」とした。

 遠野は続く投稿でも倉田氏との2ショットをアップし、「『“私の大切で大好きなお友達”②』。くらたまさんはね、とてもピュアなんだ。豪快な一面と、繊細な一面と両方持ち合わせていらっしゃるから大好きなの」と絶賛。

 「安心して何でも話せちゃうの。仕事の話から、恋愛の話から、実家族の話から、愁くんの話から、下ネタまで笑 自分を取り繕う必要がないの。もうこの歳になってまで、色々考えてお話していたらそれはお友達とは呼べない。(当然、相手への配慮は必要だけど)リラックスして、泣いたり笑ったり出来る関係を築けるのがくらたまさん。人の好き嫌いの話とかも、怖がらずに伝えられるのも楽ちんで本当に嬉しい。笑い話も、深い話も出来るんだ。本当に優しい方だよ」と明かした。

 「だからこそ…だからこそ。今回のご主人の事が悲しくてたまらない。悔しくてたまらない。早すぎる、あまりにも。深い闇の中を、1人彷徨ってらっしゃるくらたまさん。本当は立っているのもやっとだと思います。外出したり、人に会ったりするのは凄い事。尊敬します」とつづると、「乗り越えるなんて、綺麗事。それは、本当に大切な存在を失った事のない人の発想。私には、『くらたまさん大好き』と伝え続ける事しか出来ない。改めて、叶井俊太郎さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます」と追悼した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月21日のニュース