王将戦第2局1日目昼食休憩 第1局で“爆速”完食の菅井八段 この日はゆっくり休息

[ 2024年1月20日 13:56 ]

<第73期ALSOK杯王将戦第2局・第1日目>菅井八段の昼食、国産うなぎの蒲焼き丼(撮影・大城 有生希)
Photo By スポニチ

 将棋の藤井聡太王将(21)=8冠=に菅井竜也八段(31)が挑戦する第73期ALSOK杯王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)7番勝負第2局1日目が20日、佐賀県上峰町の老舗料亭「大幸園」で行われている。対局は午後12時30分から1時間、昼食休憩がとられた。

 今月7、8日に栃木県大田原市で行われた第1局の昼食休憩では、菅井が両日とも10分ほどでご飯を完食し、“爆速”昼食休憩として話題になった。

 菅井はこの日の“勝負メシ”に「国産うなぎの蒲焼き丼」を注文。第2局も“爆速”で食事を終えるかと思われたが、この日は菅井にしてはゆっくりと休息をとった。

 昼食休憩のために立ち上がってから、食事を終えて再び対局室の座布団に着席するまでのタイムは35分10秒。それでも、藤井より先に対局室に戻り、盤面を確認するなど午後からの闘いに備えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年1月20日のニュース