飯豊まりえ「暗黒女子」初日舞台あいさつ 耶雲監督の賛辞に涙…

[ 2017年4月2日 05:44 ]

映画「暗黒女子」初日舞台あいさつを行う飯豊まりえ
Photo By スポニチ

 女優の飯豊まりえ(19)が1日、都内で主演映画「暗黒女子」の初日舞台あいさつに登壇した。

 ダブル主演を務めた清水富美加(22)が2月に宗教法人「幸福の科学」に出家し、この日を含めた宣伝活動に不参加。一時は公開が危ぶまれるなどし、飯豊は1人で主演の重責を背負ってきた。

 耶雲哉治(やくも・さいじ)監督に「主演の役目を懸命に果たしました。本当の女優になった」と賛辞を贈られると涙。「本当は富美加ちゃんに甘えようと思ってた。1人で走らなきゃとなった時、富美加ちゃんのために私が頑張らなきゃと思ってここまで来た。きっと富美加ちゃんにも伝わってると思う」と胸を張った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2017年4月2日のニュース