紅白出場歌手きょう発表!HKT初出場、さしこ3年越し悲願

[ 2014年11月26日 05:31 ]

26日に紅白初出場が発表されるHKT48(左から)多田愛佳、兒玉遥、指原莉乃、田島芽瑠、宮脇咲良、朝長美桜

 大みそかの「第65回NHK紅白歌合戦」(午後7・15)の出場歌手が26日午後2時から発表される。初出場者は4組となる見通し。福岡を拠点に活動するAKB48の姉妹グループ「HKT48」が選出される。AKBから移籍し、若いメンバーの“教育係”としてグループを支えてきた指原莉乃(22)にとっては3年越しの悲願がかなう。

 AKBの姉妹グループでは12年のSKE48、13年のNMB48に続き、国内4姉妹の“末妹”が大舞台に立つ。11年10月のグループ誕生から3年2カ月での初出場。AKBは2年、SKEは4年4カ月、NMBは3年2カ月かかっており、HKTは決して早くはないが、シングル4作リリース時点ではAKBの6作よりも速いペース。

 シングルはいずれもオリコンチャートで初登場1位。累計売り上げ123万2000枚の実績も評価された。6月のAKB選抜総選挙では、上位32人にHKTから5人が入った。宮脇咲良(16)はAKBの新曲「希望的リフレイン」(26日発売)で渡辺麻友(20)とともにダブルセンターに大抜てき。AKBグループ内でHKTの躍進は光っている。

 急成長を支えるのは、恋愛スキャンダルで12年6月に移籍してきた指原だ。HKT48劇場支配人として若いメンバーを教育。一流のアイドル集団に鍛え上げた。

 紅白に落選した昨年、自身のGoogle+にファンから「残念」とコメントが寄せられると「紅白を目指すスタート地点にもまだ立ったばかり。焦らずに声をかけていただけるまで待つのみです。じっくり頑張ります」とつづっていた。

 26日は東京・渋谷のNHKで行われる発表会見に出席予定。計4組が見込まれる初出場組は、「妖怪ウォッチ」企画コーナーの出演者と同席する。「妖怪ウォッチ」からは主要キャラクターのジバニャンの着ぐるみが登場し、指原との“絡み”が注目される。

 ジバニャンは「だるいんですけど」が口癖の、ぐうたらキャラ。指原はヘタレキャラ。両キャラが会見中に、どんな化学反応を起こすか注目だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年11月26日のニュース