不倫の“先駆者”石田純一はエール「ノリってことある」

[ 2013年6月4日 06:00 ]

水素水で乾杯する高岡早紀(左)と石田純一

 俳優石田純一(59)が3日、都内で水素水生成器「マジックシェイク」記者発表会に出席し、不倫騒動の渦中にある矢口を擁護した。

 かつて「不倫は文化」発言などが波紋を呼んだ経験を踏まえ「不倫というとよく自分の名前が出てくる…」と苦笑い。矢口が不倫現場を中村に目撃されたことが離婚原因とされていることについて「ノリというか…そういうことってあるんじゃないか」とコメント。商品のキャッチコピー「H(水素)がオンナを美しくする。」にかけて「“H”が女を美しくするわけですから、よろしいんじゃないでしょうか」と話した。

 96年に当時22歳だったモデルの長谷川理恵(39)と不倫が発覚した際に、レギュラー番組を降板。同じような境遇にある矢口について「精神的に気持ちが落ち着いてから復帰していくんじゃないですかね」とエールを送った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年6月4日のニュース