ほしのあき 三浦皇成の誕生日に挙式「しあわせでーす!祝ってほし~の!」

[ 2011年12月19日 12:52 ]

挙式後の会見で指輪を見せるほしのあき

 タレントのほしのあき(34)が19日、都内のホテルで挙式し、披露宴前にウエディングドレス姿を報道陣に公開した。

 「本当に結婚したんだなっていう実感をすごく感じています。昨日の夜からドキドキし始めてて、挙式を終えたら本当に夫婦になったんだなって実感しますね」と満面の笑み。

 9月にJRA騎手の三浦皇成(22)と結婚し、待望のこの日を迎えた2人。スワロフスキーを多く散りばめた、神田うの(36)デザインのまばゆいウエディングドレス姿に、新郎の三浦は「ニヤっとしてました」と幸せいっぱい。「プロポーズは今年の夏にされたんですけど、言葉は内緒です。宝物の言葉です」とはにかんだ。

 この日は三浦の22歳の誕生日で、13歳の“年の差婚”が「これで12歳差に縮まりました」。新婚生活で年の差を感じることはないが、ほしのが鼻歌を歌ったときに「なにそれ」と言われることはあるのだとか。

 現在妊娠5ヶ月。お腹の赤ちゃんは?との質問には「元気です!」と即答。仕事は体調を見ながら続ける予定で「マイペースにやっていきたい」と意欲をみせた。「協力し合って、お互いのことを高めあいながら、笑いの絶えない家庭にしたいな」と夫婦の誓い。
 名前の「あき」のイニシャルである「A」が刻まれたアーカーの結婚指輪を左手の薬指に光らせ、無数のフラッシュを浴びたほしの。「しあわせでーす!ほしのあきの結婚、祝ってほし~の!」と会場を去る際には報道陣から拍手で祝福を受けた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2011年12月19日のニュース