買いだめ控えて!ダチョウ倶楽部 今こそ「ウエシマ作戦」必要

[ 2011年3月18日 16:21 ]

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」が18日、首都圏で発生している「買いだめ」に対し自身のブログで「どうぞ、どうぞ!」の精神を呼びかけた。

 東日本大震災後、簡易投稿サイト「ツイッター」などを中心に「ウエシマ作戦」が広がりを見せている。食料やガソリンなどの「買いだめ」に対して、譲り合いを呼びかける運動だ。

 元ネタはダチョウ倶楽部のお約束のギャグ。寺門、肥後の2人が物事を「俺がやる」と手を挙げて、上島が「じゃあ俺が」と言うと、先の2人は「どうぞどうぞ」とすぐに譲るもの。「嫌な事をする竜ちゃんがオイシイのであって、譲り合いから生まれた愛のギャグ」(寺門)だ。

 3人も知らぬ間に広がった「ウエシマ作戦」。自らの名前がつけられた運動に上島は「こういう時こそ皆で協力して、譲り合う事が大切ですよね。逆に僕らが気付かさせてもらいました」と大歓迎している。リーダーの肥後も「みんな仲良くワキアイアイ!」と自分たちのギャグを引用して、温かいコメントを残している。

 ほかにも、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」にならって節電を呼びかける「ヤシマ作戦」や、被災地で活動する人々を応援する「アオシマ作戦」などが広まっている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2011年3月18日のニュース