悦ちゃんお疲れさま…12年間の放送振り返る

[ 2010年3月27日 06:00 ]

 夕方のニュースではテレビ朝日「スーパーJチャンネル」の小宮悦子キャスター(51)も最後の出演となった。

 小宮キャスターは番組の最後に、12年間を振り返ってあいさつ。「十分にできたとは思えませんが、私たちの思いが毎日、ご飯のように皆さんに届いて、それがエネルギーのひとかけらになってくれたのなら、こんなにうれしいことはありません」と視聴者にメッセージを送った。関係者によると降板が決まった昨年12月上旬以降、「スタッフが暗くならないよう、努めて明るく振る舞っていた」という。番組終了後は都内で開かれた“お疲れさま会”に参加した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2010年3月27日のニュース