小林麻耶アナ報道番組が終了、後番組にも出演

[ 2010年3月27日 06:00 ]

 TBSの報道番組「総力報道!THE NEWS」が26日、最終回を迎えた。昨年3月のスタートから1年でのピリオド。キャスター初挑戦だったフリーの小林麻耶アナウンサー(30)は「とても貴重な体験をさせていただきました」とあいさつした。

 アンカーの後藤謙次氏(60)ら出演者は、番組のラストで順番にあいさつ。小林アナは「1年間、とても貴重な体験をさせていただきました」と振り返った後、「力不足で多々、見苦しい面もあったと思います。申し訳ありませんでした」と頭を下げ、キャスター初挑戦で思い通りできなかったことへの悔しさをにじませた。続けて「最後までご覧くださった皆さん、心よりありがとうございました」と再び頭を下げて感謝。最後まで涙は見せなかった。
 番組開始前にはスタッフ一人一人のもとを訪れ「1年間、お世話になりました」とあいさつして回ったという。
 番組の終了は12月上旬に決まった。報道番組のキャスターという長年の夢がかない、TBSを退社し全力で挑んだ番組だっただけに思い入れも強く、当初は落ち込んだ時もあった。
 しかし、持ち前の明るさで立ち直ると、同局の新バラエティー番組「がっちりアカデミー!!」(4月16日スタート、金曜後7・00)の司会に起用されることが決定。今月中旬にセットを使って行われた番組のシミュレーションでは、生き生きと仕事をこなした。親しい関係者には「番組が終わることは寂しく思っているけど、いい経験ができた。次の仕事を頑張ります」と笑顔で話しているという。
 妹でフリーの小林麻央アナウンサー(27)は今月3日に歌舞伎俳優の市川海老蔵(32)と結婚した。4月に入ると、家族で暮らす自宅を出て、海老蔵との新居に引っ越す予定だ。姉妹そろっての新しいスタートにエールを送り合っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2010年3月27日のニュース