「EXILE」豪華でド派手!40万人動員

[ 2008年11月30日 06:00 ]

 人気グループ「EXILE」の5大ドームツアーが29日夜、福岡ヤフードームでスタートした。デビュー7年3カ月で実現した初ドーム公演。約3時間、ベストアルバムのような集大成の選曲に観客3万5000人は興奮の連続。ツアーグッズには高級車も用意され、大みそかの札幌公演まで「パーフェクトイヤー」と位置づけた2008年を派手に締めくくる。

 08年のイメージカラーの赤い小旗が会場中で振られ、大歓声の中、メンバー7人が登場。ボーカルのATSUSHI(28)は「初のドームツアー。最高の思い出をつくっていこう」とあいさつ。びっしり埋まった客席を見渡し、感慨深そうな表情を浮かべた。
 機材は11トントラック65台分。幅85メートルの舞台の後方には、1年がかりで製作したLED(発光ダイオード)のビジョンが5台並んだ。アームによって360度回転するシステム。ここにリーダーのHIRO(39)らダンサーチーム5人が1人1台ずつ映し出され、目の前で激しく踊っているような臨場感。新曲「Ti Amo」や「時の描片~トキノカケラ~」「Choo Choo TRAIN」などヒット曲を連発した。
 開演前から場外でも驚かせた。全86種類のツアー商品の中には、トヨタ自動車の高級車「ヴェルファイア」のロイヤル・ラウンジEL(本体の標準価格774万円)も。HIROが内装などをプロデュースしたEXILEバージョンで、オープン価格で受注販売を開始した。
 01年8月にデビューし、06年にはメンバー交代を経た。今年はベスト盤2作で計約220万枚セールス。シングルを含め計3作がオリコンチャート初登場1位。意気込み通り「パーフェクト」な結果を出した。12月3日発売の「バラードベスト」も100万枚セールスが確実視される。
 HIROは「ファンの支えがなかったら成立しない1年だった」と振り返り、ATSUSHIも「あらためてEXILEにいて幸せだなと思った。いろんなことがあったけどドームツアーにたどり着くことができた。純粋な気持ちは忘れたくない」と気を引き締めた。
 東京ドーム公演は来月26、27日。NHK紅白歌合戦に中継で出場する大みそかは、札幌ドームで年越し公演となる。10公演で40万人を動員予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2008年11月30日のニュース