×

【RIZIN】三浦孝太 無念の欠場もリング上であいさつ 現状を報告「少しずつ練習も再開してます」

[ 2022年5月5日 20:25 ]

RIZIN LANDMARK vol.3 ( 2022年5月5日 )

リング上であいさつした三浦孝太(C)RIZIN FF
Photo By 提供写真

 総合格闘技イベント「+WEED presents RIZIN LANDMARK vol.3」が5日、都内某所で開催された。オンライン配信をメインとした新機軸で、「Exciting RIZIN」など8つのプラットホームでPPV配信された。出場予定だった三浦孝太(19=BRAVE)がリング上で挨拶した。

 孝太は「今日は自分の試合を楽しみにしていたファンの方や試合を用意してくれたRIZIN関係者の方々そして対戦相手の方、本当に申し訳ありませんでした。」と欠場したことを謝罪した。「首のケガ自体はは宮田さんはじめ、ドクター、RIZIN関係者の方々と相談したところ今の年齢やケガの状況を見て、早めのストップをかけてくれたおかげで大きなケガにはならず、今は少しずつ練習も再開しています。そんなに心配せずに大丈夫です」と現状について報告した。そして最後に「お話をいただければすぐに戦いたいです。本当に申し訳ありませんでした」と締めた。

 サッカー元日本代表FW三浦知良の次男である孝太。MMAデビュー戦となった昨年大みそかの「RIZIN.33」でYUSHIと対戦して、1R終了間際に左のサッカーボールキックから右のストレートで劇的なTKO勝利を飾った。プロ2戦目の相手は本来デビュー戦で戦う予定だったフェリペ“キングハンター”マソーニ(ブラジル)と対戦予定だったが先月18日の練習中に首を痛め、医師の診察を受けたところ首ヘルニアの診断が下り今大会は無念の欠場となってしまった。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2022年5月5日のニュース