×

三代大訓 6回TKO勝ちで世界挑戦へ前進!IBF新王者・尾川堅一を苦しめた男を圧倒

[ 2021年12月2日 21:00 ]

<60.5キロ契約8回戦>6回、西谷和宏(下)をKOした三代大訓
Photo By スポニチ

 プロボクシング前日本スーパーフェザー級王者で日本ライト級3位の三代大訓(27=ワタナベ)が2日、東京・後楽園ホールで日本スーパーフェザー3位・西谷和宏(34=VADY)と60.5キロ契約8回戦を行い、6回2分1秒TKO勝ちを飾った。

 島根県出身の三代と鳥取県出身の西谷の“山陰対決”。「2回ぐらいには負けないと確信した」という三代は5回終了間際に強烈な右ストレートでダウンを奪うと、6回には猛反撃を受けながらカウンターの右フックで西谷を大の字にさせた。

 西谷は、先月27日に米ニューヨークでIBF世界スーパーフェザー級王座を獲得した尾川堅一(帝拳)と昨年10月に対戦し、判定で敗れたものの、尾川からダウンを奪っている。そんな難敵をあっさりと退け、世界挑戦を視野に入れる三代は「誰に勝って世界に行くかを考えている」と話す。対戦を熱望するアジア3冠の吉野修一郎(三迫)は29日に伊藤雅雪(横浜光)との対戦が予定されている。「吉野選手に勝って行けるのがベストだけど、ずっと待っている訳にもいかないので、来年は世界の中堅とか世界ランカーと対戦したい。ワクワクしています」と前を見据えた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「村田諒太」特集記事

2021年12月2日のニュース