朝倉未来 週刊誌への法的措置に動いた理由明かす 怒り収まらず「関係ない家族を巻き込むのはおかしい」

[ 2021年12月2日 20:56 ]

格闘家の朝倉未来
Photo By スポニチ

 格闘家の朝倉未来(29=トライフォース赤坂)が2日に自身のYouTubeチャンネルを更新。「さすがに許せない事が起きました」というタイトルで写真週刊誌が母を無許可で撮影されたことに苦言を呈し、既に法的措置を動いていることも明かした。

 朝倉は「これを書くことによって閲覧数が増えてあっちは嬉しいだろうから迷ったけど、Flashって媒体が母親に凸してきて、勝手に写真撮って記事にしてるけどさすがにヤバすぎる!一般人ですよ。もう顧問弁護士に伝えたので動きます」と2日までに自身のツイッターに記した。

 動画では朝倉の母は写真週刊誌に突撃されて困惑していたことを明かし、「これはとんでもないことだなと思います。よく皆さん“マスゴミ”なんて言いますけどマジで度を越えた行為をしたなと思っています」と激怒した。

 視聴者には公開されている記事を見に行かないでほしいとお願いした上で「僕は公人と言われる存在なので記事にされるのはしょうがないかなと思うんですけど、母親はまるで関係ないですし、一般人なので法的措置を取らせていただくことが決まりました」と語り、もう顧問弁護士とやり取りして動いていることも明かした。

 「記事の内容に関して法的手段は難しいけど、母親に突然凸してきたことや写真を勝手に載せていることやアポなしでやって勝手に世に出されているので戦える場所かなと思っています」と法的措置に動いた理由を話した。

 そして今回、この件で動画にしてことについては「僕自身YouTubeのコメントを参考にさせてもらっているところがあって、(このチャンネルは)何百万人って登録者がいて何百万再生されてると思います。これって一つのメディアを持っていることと同じだと思っています」と話し始め、「凄く頭の良い人や法律に詳しい人や新しい発想を持っている人がコメントをしてくれるかなと思って動画にしました。相手にとって嫌なことをこっちもしてやろうかなと思っているのでどうしたら一番キツイ展開になるか参考にさせてもらおうかなと思っています」と理由を話した。

 朝倉自身もジムを出たら突撃されるなど今回の写真週刊誌に迷惑を受けていたことを告白した。「さすがにキレているので戦おうかなと思います。僕はお金があるので徹底的にやってやろうかなと思います」と徹底的に戦う意思を示した。

 「“朝倉未来に批判殺到”という記事が出すのは仕方ないと思うし、釣るために僕の名前を使うのは全然いいんですよ。関係ない家族を巻き込むのはちょっとおかしいと思います。ちょっとなめんなよっていうのもあります」と最後まで怒りは収まらなかった。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年12月2日のニュース