×

尾川堅一がニューヨーク到着 MSGも視察「初日としては絶好調」

[ 2021年11月22日 10:50 ]

ニューヨークに到着し、マジソン・スクエア・ガーデンの前に立つ尾川堅一(帝拳ジム提供)
Photo By 提供写真

 プロボクシングIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦12回戦に臨む同級3位の尾川堅一(33=帝拳)が21日(日本時間22日)、米ニューヨークに到着した。尾川は27日(同28日)にマジソン・スクエア・ガーデンHuluシアターで同級2位アジンガ・フジレ(25=南アフリカ)と対戦する。

 成田空港から約12時間半の長旅。尾川は「飛行時間が少し長く感じましたが、でも着いたらワクワク感の方が強くなって、ホテル周りを散歩したり気分としては凄く良い感じです」と心境を明かした。

 試合会場となるマジソン・スクエア・ガーデンも視察し、「明るいうちに見たこともあり、自分の中にあるイメージと少し違いましたが、外から見たのと中に入った実感は違うんでしょうね」と感想をもらした。

 到着後には宿泊先のホテル内のスポーツジムで、軽く体を動かし、「汗の出方も日本と変わらず良く、コンディションの良さを感じています。明日はメディカルチェックが予定されているので、身体を動かせるかは分からないですが初日としては絶好調です」と好調ぶりを伝えている。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2021年11月22日のニュース