ミドル級の森脇は8強ならず…第1シードのウクライナ選手に完敗

[ 2021年7月29日 11:37 ]

東京五輪第7日 ボクシング男子ミドル級2回戦 ( 2021年7月29日    両国国技館 )

第1シードのオレクサンドル・ヒズニャク(右)と打ち合う森脇唯人(AP)
Photo By AP

 森脇唯人(自衛隊)は第1シードのオレクサンドル・ヒズニャク(ウクライナ)に0―5の判定で敗れ、ベスト8入りは果たせなかった。

 17年世界選手権金メダリストで欧州選手権2連覇中のヒズニャクに序盤から主導権を握られた。ゴリゴリに押し込み、手数も多い相手に接近戦に持ち込まれ、持ち味である長身とスピードを生かしたボクシングができず。ジャッジ5者の採点は27―30×2、26―30×2と完敗だった。

 12年ロンドン五輪で金メダルを獲得した現WBA世界ミドル級スーパー王者・村田涼太(帝拳)に続く活躍を期待され、本人も「金メダル」を目標に掲げていたが、無念の2回戦敗退。ただ、プロ転向は考えておらず、以前からパリ五輪を目指すことを公言している。悔しさは3年後に晴らす。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年7月29日のニュース