坂 会心の初防衛、KO負けなしの渡辺沈めた「真の王者になれた」

[ 2021年1月23日 05:30 ]

日本スーパーフェザー級タイトルマッチ10回戦   〇王者・坂晃典 6回2分45秒TKO 同級1位・渡辺卓也● ( 2021年1月22日    後楽園ホール )

初防衛に成功し、喜ぶ坂晃典(右)
Photo By スポニチ

 王者・坂が過去47戦して1度もKO負けのなかった渡辺を6回TKOで沈め、初防衛に成功した。

 序盤から主導権を握り、6回に右ストレートでダウンを奪うと、レフェリーがノーカウントで試合を止めた。だが、被弾が多く、打たせずに打つ理想のボクシングからは遠い内容に「調整がうまくいったことに、溺れてしまった」と坂。それでもフェザー級時代にはできなかった初防衛に「真の王者になれたかな」と笑顔を見せた。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年1月23日のニュース