古橋 逆転TKO勝ち、3度目挑戦で悲願の王座 ふろん太からパワー

[ 2021年1月23日 05:30 ]

日本スーパーバンタム級タイトルマッチ10回戦   〇同級1位・古橋岳也 9回24秒TKO 王者・久我勇作● ( 2021年1月22日    後楽園ホール )

3度目の日本タイトル挑戦で新王者となり、ガッツポーズする古橋岳也 
Photo By スポニチ

 古橋が3度目の日本タイトル挑戦で悲願の王座を獲得した。

 序盤は久我にペースを握られたが、3回以降は距離を詰め、壮絶な打ち合いの末に逆転TKO勝ち。「やっと日本のNo・1野郎!になれた」と喜んだ。川崎生まれ、川崎育ちで川崎のジム所属。交流のあるJリーグ優勝を飾った川崎Fのマスコット「ふろん太」も応援に駆け付けた一戦で気迫の勝利。「少しは、フロンターレに近づけたかも」と笑みを浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年1月23日のニュース