尚弥にボクシング界から“あっぱれ” 長谷川穂積氏「毎日の地道な練習が分かった」

[ 2020年11月2日 05:30 ]

WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ   ○統一王者 井上尚弥 KO7回2分59秒 WBA2位・IBF4位 ジェーソン・モロニー● ( 2020年10月31日    米ラスベガスMGMグランド )

元世界3階級王者の長谷川穂積氏
Photo By スポニチ

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)はWBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)に7回KO勝ち。ラスベガスデビュー戦を鮮烈に飾り、WBA4度目、IBF2度目の防衛に成功した。

 ▼長谷川穂積(元世界3階級王者) 1年ぶりの試合で、しかもラスベガスということでどういう内容になるかと思っていた。勝つとは思っていたけど、実際にコンディションも良かった。コロナ禍で練習もままならないことも多かったと思うが、試合があると信じて、毎日地道に練習してきたことがよく分かった。

 ▼岩佐亮佑(IBF世界スーパーバンタム級暫定王者)あっぱれでした。何も言うことはないです。序盤から倒すという気持ちが出ていたし、簡単にいかないと思ったら、すぐに修正して最後はナイスカウンター!あの一瞬で終わらせた。僕もスーパーバンタムで絶対に統一王者になります。そしたら井上君に「やろうよ」って言えるでしょ。

 ▼伊藤雅雪(前WBO世界スーパーフェザー級王者)強かったですね。レベルの差、特にスピードの差が大きかった。モロニーのガードが堅くて、どうかなと思ったけど、揺さぶりをかけて最後の一発。見事でした。パワーというよりタイミングと的確さで倒した感じ。もうバンタム級では相手がいないのでは?

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2020年11月2日のニュース