八重樫東氏 ベガス初陣飾った尚弥称える「一言で言うと次元が違う」

[ 2020年11月1日 05:30 ]

WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ   ○統一王者 井上尚弥 KO7回2分59秒 WBA2位・IBF4位 ジェーソン・モロニー● ( 2020年10月31日    米ラスベガスMGMグランド )

モロニー(奥)からダウンを奪う井上尚弥。世界戦15連勝とし、日本単独最多となった=10月31日、米ラスベガス(トップランク社提供)
Photo By ゲッティ=共同

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)はWBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)に7回KO勝ち。ラスベガスデビュー戦を鮮烈に飾り、WBA4度目、IBF2度目の防衛に成功した。

 井上尚弥のジムの先輩で元3階級制覇王者の八重樫東氏(37)は井上のラスベガスデビュー戦をテレビ観戦し、本紙に観戦記を寄せた。自身は海外で試合を行うことなく9月に引退したが、ボクサーの憧れの聖地ラスベガスで期待通りの活躍を見せた後輩を称えた。

 ××××××××××××××××××××××××××

 尚弥はラスベガスのリングを楽しんでいるように見えました。最高だったんじゃないかな。試合後に本人は「当てにくかった」と話してたけど、見ていて攻めあぐねている感じは全然なかったですね。周囲も本人も求めるレベルが高いだけです。5回にロープを背負わされた場面とかも、尚弥だから「オッ」となるだけで、世界戦なら、ああいう場面が多々あって当然なんですから。むしろ、ダウンさせたパンチについて尚弥が「練習してきたパンチが出せた」と簡単に言えてしまうことが凄いんですよ。

 中盤のKO勝利という結果は、多くの人が予想していたと思います。僕も中盤までは丁寧に戦うだろうと思っていました。予想というよりは願望ですけど。序盤KOの方がインパクトはあるけど、彼はもっと魅せるボクシングができる選手だし、今後のキャリアのこともあるので、相手に何もさせずに勝つという“王道”を行ってほしいなと。スパーリングを見ていても、そういうプランニングだろうなと感じてました。モロニーはサプライズの少ないボクサーだから、ボクシングの構築はしやすい。全部が想定の範囲で回っていくだろうと予想してました。

 尚弥とは8月に引退記念のスパーリングをしました。6年ぶりだったけど、当時より全てがレベルアップしていたのは間違いありません。残念ながら、どこが?というのを引き出せるレベルに自分がなかったです。一言で言うと次元が違う。今の尚弥と手を合わせた人間はみんな、そう思わざるを得ないんじゃないですかね。

 無観客試合は心配していませんでした。自分は絶対に嫌ですけど(笑い)。でも、普通にボクシングはできますよ。アーティストならステージから観客を見るかもしれないけど、ボクサーは観客が何千、何万人いようと、見ているのは対戦相手1人だけですから。アスリートなので、そこの集中力は変わらないはずです。

 自分は海外に出るとか、世界で戦いたいとか思ったことはないけど、引退した今は1回ぐらいはやっても良かったかなという気持ちです。でも、それは尚弥に託します。彼が世界に羽ばたく姿を見ているのは楽しいですから。今回の勝利で尚弥に求められるものは、さらに高まるでしょう。それも彼の宿命だと思います。彼を見ていると人間の可能性の大きさを感じます。後輩たちには「尚弥さんだからじゃなく、尚弥さんがやれたのだから」と思って頑張ってほしいですね。

 ◆八重樫 東(やえがし・あきら)1983年(昭58)2月25日生まれ、岩手県北上市出身の37歳。黒沢尻工高―拓大。05年3月プロデビュー。11年10月にWBA世界ミニマム級王座、13年4月にWBC世界フライ級王座、15年12月にIBF世界ライトフライ級王座を獲得し、日本人男子3人目となる3階級制覇を達成した。プロ戦績は34戦28勝(16KO)7敗。身長1メートル60の右ボクサーファイター。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「井上 尚弥」特集記事

2020年11月2日のニュース