村田諒太 1年ぶりのリングとは思えぬ戦いぶりに「尚ちゃん強えな!」

[ 2020年11月2日 05:30 ]

WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ   ○統一王者 井上尚弥 KO7回2分59秒 WBA2位・IBF4位 ジェーソン・モロニー● ( 2020年10月31日    米ラスベガスMGMグランド )

WBA、IBFバンタム級タイトルマッチで、ジェーソン・モロニーを攻める井上尚弥=米ラスベガス(トップランク社提供、ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)はWBA2位、IBF4位のジェーソン・モロニー(29=オーストラリア)に7回KO勝ち。ラスベガスデビュー戦を鮮烈に飾り、WBA4度目、IBF2度目の防衛に成功した。

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)がWOWOWの中継でゲスト解説を務めた。「コロナ禍で思うようにトレーニングできない状況で、こういうパフォーマンスができるのが井上選手と思う。1年ぶりのリングとは思えなかった」と評価。強烈な勝ち方に、思わず「尚ちゃん強えな!というのが一番ですね」と普段の呼び方に戻る場面もあった。

 ラスベガスで取材に応じた帝拳ジムの本田明彦会長によると、村田の次戦は来年3月頃になる見通し。「いつ試合が決まっても走りだせる準備はできている。ビッグマッチ?やりたいですね」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2020年11月2日のニュース